mgk_03

ナイトアイボーテの使い方や二重幅の位置

まぶたまでキレイにするのは、大人の女性の身だしなみといっても良いでしょう。一見難しそうなアイプチも、わざわざ時間を作ってアイプチサロンに行かなくてもコツを掴めばナイトアイボーテで簡単に書けてしまいます。市販のアイプチの裏には親切に使い方もしっかり載っていますし、ネットの動画サイトにも詳しい使い方が投稿されているので参考にしてみましょう。

大人の女性に可愛らしさをプラスするのにおすすめはアイプチ平行二重です。ディズニーらしさ満点のドットを書いたら、忘れずに書きましょう。ナイトアイボーテ使い方のコツ、ドットを書く間隔は必ず均等にすることで、細かなドットを入れれば完成です。

自分でアイデアを元にアイプチを楽しむナイトアイボーテ。女性週刊誌や情報誌、そしてネットでもアイデアを見ることが出来ます。アイプチサロンでやってもらうと、3000円以上するものが、自分で行うと材料費だけ。最近ドラックストアーやコスメティックストアーなどで、ラメやアイプチにつけるのりなどのり々とデコレーションする事が可能です。

普段会社に行くときは透明、また薄いのりのアイプチ、そして週末にちょっとゴージャスなのりをつければ、雰囲気も変わります。女子会でナイトアイボーテし合っても良いですよね。ナイトアイボーテすることで、あまりお金もかけずに楽しめる、と材料を買い込んでいる人もいます。ネットでナイトアイボーテのアイデアを見てるだけでも楽しいです。

mgk_02

ナイトアイボーテを使った三重のコツ

近年、いろんな夜用アイプチが販売されています。そのため、自宅でも手軽にアイプチを楽しめるようになりました。またひと昔前なら高いイメージがあった夜用アイプチも、今ではお手頃価格で購入できるほどまで値下がりしています。でもいろんな夜用アイプチがあると、何を選んだら良いか悩んでしまう方も少なくないのでないでしょうか。

特に『はじめてナイトアイボーテをする』という方、数あるアイプチキットから良いものを選ぶのは至難の業。ですから、人気の夜用アイプチを知っておくと安心です。一番人気は『ローラーセット』。コンパクトなパッケージにアイプチとローラーが付いています。ジェルは2種類選ぶことができ、価格なんと10,265円(税込)。じめてのアイプチにもってこいです。

ナイトアイボーテの中でもきれいな二重、初心者に難しく思われますが意外と簡単にできるのでおすすめです。理想の二重を上手やるコツ、のりの選び方にあります。全く異なるのりでなく、同系のりのもので濃淡の異なるのりを選びます。

まず一番淡いのりをまぶたに2度塗りしてから、次に濃い目ののりをまぶた先から半分塗り、最後に一番濃いのりをまぶた先に重ねることでナチュラルなグラデーションに仕上がります。ベースになる淡いのりクリア感のあるもの、濃いのりはパール感や細かなラメ入りにすると、よりグラデーションがきれいに見えるのでおすすめです。マットなのりはなじみにくくのりの境界線がくっきりとしてしまい、向いていないので気を付けましょう。

mgk_01

ナイトアイボーテ時短術と作り方

綺麗に手入れがされているアイプチ、みんなお金をかけてプロにやってもらっているのだと思っていませんか?二重テープや綿棒を使って、案外簡単にアレンジできるんです。インターネットでナイトアイボーテ時短で検索すると、いろいろなアイデアが出てきます。

イベントがあるときにのりをつけた幅広二重、仕事でも大丈夫な細めの二重、スポンジを使ったり絆創膏を使いずらしながらのりをつけ、徐々に厚みをつけていくなど自宅にあるものを使って、行く場所、着る洋服にあった二重を自分で作ることが可能です。

時短、時間をあまり掛けないで作り上げるという意味でも、ちょっとした時間で会社に行くとき二重のグラデーション、休みの日にそこにちょっとテープでアクセントをつけるなど、楽しみ方が出来るようです。

学校や会社にアイプチをしていくことが出来なくても、パーティーの日だけ手軽にアイプチが楽しめてしまうというのがナイトアイボーテの良いところです。市販されているものはどれも素敵だけれど、値段が高くてなかなか買えないという人に、ナイトアイボーテもおすすめです。材料すべて100円ショップでも揃うから経済的ですし、作り方もとっても簡単です。

ナイトアイボーテとローラー、両面テープを揃えましょう。自分のまぶたのサイズに合わせてナイトアイボーテを形作ったら、フックに装着してベースののりを付けています。自分好みのデザインを施したら、アイシャドウを塗って1日乾燥させれば完成です。

mgk_00

ナイトアイボーテをうまく綺麗に長く使うテク

頑張って綺麗に塗っても先からすぐに禿げてくる経験誰でもあるでしょうが、ナイトアイボーテを長持ちさせる方法以外に知らない人が多いようです。塗る前の注意点として、手きれいに洗い、まぶたの表面に油分が残っているとがれの原因になるため、残った油分などをしっかり落としましょう。ぬるま湯でふやかして目やにを処理することでも、もちが違うといいます。いっしょに処理しましょう。

アイプチサロンで使われているまぶたの表面の凸凹を整える「ナイトアイボーテ」を塗りまぶたの表面を平らにします。無意識に動かしてしまう利き手から塗るのもコツです。そして一度目薄く塗り重ね塗り二度までにします。厚く塗ることでマニュキュアに層ができくずれやすくなるようです。仕上げのアイシャドウ3日に1度塗ることで長持ちさせ、まぶたを乾燥させないこともポイントです。少しのコツで綺麗に長持ちさせましょう。

アイプチサロンできれいにしてもらいたいけれど、お金もないし時間もないのでナイトアイボーテをしている女性の中に、うまく塗れないと悩んでいる人も多いようです。ナイトアイボーテうまくできない!と悩んでいる人、少しでもきれいに塗る方法を知っておき、実践してみましょう。ナイトアイボーテをする前、まぶたをきれいにします。油分が残っているとうまく塗れませんし、はがれやすくなるのでしっかりでまぶたを拭きます。目やに処理もナイトアイボーテの時忘れずに行います。それからナイトアイボーテを塗りましょう。のりを塗る時、利き手のまぶたを先に塗ります。

利き手の方を塗る時、まぶたきちんと固定すると塗りやすいです。のりの量ハケの先半分くらいに残す程度が良いです。最初のうち失敗することもあるでしょうが、慣れてくると上手に塗れるようになります。